FXの経験がない方が為替相場の大切なところを捉えるためには、第一に取引を繰り返すことが重要です。特に、あらかじめ危機を嗅ぎとるようにするためには間違いを積み重ねることも経験のひとつです。とは言うものの、間違いをするといっても命取りとなるほど重大な負けをしてはいけない。小さいミスを何回か経験することが、結果として自らの場数を増やす事が出来ます。これを考えると、とりあえずは少額で売り買いをして、これによって数回小さめの失敗をすることを推奨します。例えとして、100万円しか投資資金がない人が考えなしで100万円を全てつぎ込んで売買すると、マイナスになった時、その後元に戻せない恐れがあります。それよりも、たとえば10分の1ずつ分けて注文して、マイナスやプラスを重ねた方が次第に負けを補う方策なども習得するはずです。最初に小さな額で売買する事の利点は、先に言及したように、実戦を増やしミスを避ける手法を学んでいく事にありますが、それと同時に、売買の回数を繰り返して偶然を削減できるという良い点もあります。1度の売買で利益を上げられる可能性が5割だとしよう。ということは、同じく50%の確率でマイナスになる危険性もあります。勝率5割ということは。半分の割合で勝利できる事を現しています。しかし、全ての資金を使って1回こっきりの売買をするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。これはたんに1度の賭け事と同じです。つまり、全てのお金を投資して1回こっきりの売買しないとそれだけでは損する確率が大きくなってしまいます。そのため、投資資金を1度に全部投入するのではなく何度かに分けて回数を増やす事が危険性を減らす事になります。ただ数回に分けたとしてもすべてに利益を出す事は必須ではありません。と言うよりは、勝利する事が出来ないのが現実だ。売り買いで肝心なのは、勝った回数ではなく、どのように利益を上げるかです。勝率が50%でも、さらにそれ以下でも儲かる時は儲かります。それ以上負けてもその損益が小さければ少ない勝利のプラスだけで十分稼げます。そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることだ。損失が生じたら素早くロスカット注文して、逆に利益を上げられる場合にはなるべく大きく利益を上げることが外為ビギナーがFXでプラスになるための極意です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.