利用した利用レシート保存義務はあるのだろうか???結果について最初に述べると所持する重要な意味は特別ないと思います。

個々で保有することで自らが切った証拠を持っていたいという際は保管すればよいだろうし、逆にそういった痕跡はいらないのであれば残す必要はないと思われます。

だが月々送られてくる使用履歴との確認作業においては絶対これらのレシートは必要となります。

明細をそこまで少なくとも保持しておかなければどこの場所で何月何日にどのくらい使ったかという内容がわからなくなってしまうだけに限らず、誤請求・ダブりについての照合作業すらできなくなってしまうので危険です。

特にクレカを使用した内容はレシートがない限りは覚えていないはずです。

理想を言えば使用履歴が送られてくる1ヶ月・2ヶ月程度はきちんと保存するようにしたいものである。

明細レシート処分の方法→クレジットカードの利用レシート破棄のやり方はシンプル。

誰かに不正な使用をされないよう、できるだけバラバラに破って捨てるだけで問題ない。

裁断機などが自宅で利用できる際には用心のために利用するのが良いでしょう。

なにせクレカの利用を証明している明細レシートのためクレカNo等、機密情報の内容について判別されることがふんだんに書いてあるのです。

不要な利用レシートと考えず、破棄は慎重に実施して欲しいです。

また、今では予防のためカードナンバーといった個人の情報が表記されていない利用レシートも出ているが、安全と思い込むことは禁物である。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.