現金化する目的で列車の切符等を多量に購入すること。

現金化サービスを使用しないで自分で現金化する目的でクレジットカード購入をすることであっても同様です。

現金化することを意図しているクレカのショッピングというものは、ルール違反扱いとなるためだからです。

必要以上の電車の乗車券・切手購入によるクレジット使用については、時として現金化が目的か?と睨まれる恐れなどもあり得るので注意が大切なのです。

付け加えると、使用時にキャッシング利用枠というものが上限となられている場合では電車等のチケット等を購買する時にクレジットカード会社の担当者からチェックの電話が入ることもあり得るから、資金不足時の使用については出来なくされてしまう模様。

金銭的に困った時において試みるものは、似ているなのだろう。

カードの発行会社に都合の悪い利用法をしてしまうことだいぶ前に話題になった『永久機関』などクレジットカードの発行会社から見てプラスにならないような取引をした場合、カードの発行会社の判断によって強制没収という扱いになる事実があります。

インターネットで話題となったクレジットポイントの不正入手等の一般に流通していない秘密の方法などというものがある場合でも、これらの手法はどう考えてもクレジットカードの規約違反になるので試さないようにしてください。

没収に関するカード情報は出回る。

クレジットを強制退会させられてもその他のカードについては使えるのであるから1枚ならば大丈夫だろう??という風に考えている方は今の情報社会でその思考は命取りになる危険性もあるでしょう。

なぜなら、まず失効になる事態においてはクレカの会社から閲覧出来てしまう個人情報へその個人情報が記載されることによって登録された人の社会的信用が地に落ちる事例もあるのです。

どこか1枚ですらクレジットを失効させられると他社のクレジットカードも審査に通らなくなる場合もありますし、さらに他に持っているカードまでも失効扱いとなる場合もなくはないでしょう。

継続して使用できる場合も期限切れになると使用できなくなると思われます。

とにかく何度も記載したように、失効という処理がされてしまう使用は何があってもなさることのないようクレカを使用して頂きたいと考えています。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.