予想外に急に起こるのが事故です。

その状況でどんな風に判断したことにより、自動車保険金の支払いもかなり差が出る状況も予想できますので正しい判断と行動が大切です。

予期せぬケースに出会って冷静さを失ってしまえば大切な状況を見逃してしまい後で自分自身がとても大きな損をする時もありえるので車の事故を起こした時には冷静に以下に述べる行動をします。

自動車事故を起こした場面で第一にする必要があるのは重軽傷者の確認です。

交通事故後すぐは頭の中が真白になって虚脱状態になってしまう場合があり短期間で動けないのが当たり前です。

なので、怪我人がいた場合には安全な場所へ移して応急な手当して119番通報する等人命第一に努める必要があります。

救急車を呼ぶ場面でははっきりと場所を伝えて、分かりにくい場合には周囲のよく知られているお店や地点を連絡し住所を特定できるようにします。

その後で警察に電話して事故を起こしてしまった事そして簡単に状況を説明します。

救急車とパトカーの到着を待っている時間に負傷者の事を聞きます。

名前、連絡先、車のナンバー事故相手の保険会社など相手だけでなく自分の身元を教えあいます。

この時に事故相手に違反があるような場合事故現場で結論を出そうとする場面がありますが片付けるのではなくどんな風な状態にかかわらず警察署や自動車保険会社に知らせて平等に調べてもらうことが重要です。

お互いの内容を言ったら車の邪魔になるのを避けるために障害になる物を道路の上から取り除きます。

もしも障害物が他者の邪魔となっている場合には、各々の情報交換をする前にその作業をしても問題はないはずです。

ここで自分の加盟している車の保険会社に連絡を入れ、交通事故があった旨を届け出ます。

自動車での事故から一定の時間内で車の保険会社に連絡しておかないと、交通事故の保険の適用されない事態もありえますので極力速やかに電話を入れることが欠かせません。

出来るのならば事故の形跡として、デジタルカメラやタブレットなどで現場や事故車の破損の状態を見ることができる写真を撮っておきます。

この写真は過失割合を決める時に大きな証明となるので、己のクルマや先方の自動車の破損を正確に証拠に残しておくことが大事です。

その際に第三者がいるのであれば警官や保険会社の人が辿り着くまで事故の現場にそのまま待って頂くように呼びかけることも大切です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.