そもそも、ある人が破産を申請するまでの間では借金のある個人に対しての電話での返済請求と、債務のあるその人の家宅への訪問によった集金は無法ではないということになっています。

そして、破産の書類手続きに入ったあと実行までに無駄な手数がかかってしまったケースでは強硬な徴集を行うリスクが上がります。

債権保持者サイドとしては返済もせずに、かつ破産といった処理もされないという状況であれば会社内で完了処理を行うことができないのです。

そして、債権保持人の一部には有資格者につながっていないと知ったならけっこう強硬な返済請求行為を繰り返す人もいます。

司法書士団体もしくは弁護士の人に助力を求めた場合は、各々の債権保有人は債務者に関しての直接取り立てを行うことができなくなります。

要請を受諾した司法書士法人あるいは弁護士の担当者は仕事を担当すると書かれた通知を各取り立て企業に配達し、各取り立て屋がその通知を受領したのなら依頼人は債権者からの返済請求から解放されるわけです。

ちなみに、取り立て業者が勤務先や親の家へ行っての返済要求は貸金業法のガイドラインによって認められていません。

貸金業で登録が確認できる企業であれば父母宅へ行っての返済請求は貸金業法規制法に違反しているのを認知しているので違反であると言えば、返済請求をやり続けることはないと言っていいでしょう。

申し立て後は、申請人にあてた取り立てを入れて例外なく取り立ては認められなくなりますから取り立て会社からの返済請求行為はきれいさっぱり消えてなくなるわけです。

といっても中にはそういったことを分かっているのにやってくる債権者もないとは断定できません。

事業として登録を済ませている業者ならば、自己破産の申請後の取り立てが法律のガイドラインに違反するのを気づいているので、違反だと伝えれば、違法な集金を維持することはないと思います。

しかし、ブラック金融と言われる取立人についての場合はこの限りにはならず、返済要求が理由の被害が増え続けている状況です。

裏金が取立人の中にいる可能性がある場合はどんなときであれ弁護士の方または司法書士法人などの法律家に依頼するのがいいと思います。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.