外国為替取引市場であるFXについて詳しく見てみます。

FXのやり方は、二国の金をやり取りしその二つの差し引いた利益を儲けられるといった方式となります。

二国の金の間で作り出される利益をスワップ金利といいます。

このスワップ金利に関して、正しくはスワップポイントと呼ぶらしいです。

スワップポイント(スワップ金利)とは、一日でももらう事ができますがその日のレートの動向次第で変わってくるらしいです。

こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)を得ることをねらって、FX(外国為替証拠金取引)の取引を行っている人もいるのです。

スワップポイントは、FX業者ごとにも異なるのでほんの少しでも利益が多い業者を利用したい所ですよね。

しかしスワップ金利(スワップポイント)は為替相場が動くと一緒に変動するので気をつけてください。

併せて為替トレードを行うにあたり図表を読むのが必要となっています。

こうしたチャートを読めれば、為替の相場の動き方を理解する出来ると言われています。

外国為替ビギナーの方が見たとしたら、いったい何のチャート?などと疑問に思ってしまうと思いますがポイントを知っておくことによりグラフが理解出来るようになるとのことです。

どの辺から日本円が上昇傾向にあるあるいは下降するというように、ここが一番円安だろうとこのチャートを読む事で判断が出来るようになり、為替トレードを行う際は大変大切なデータとなるらしいです。

ここで言う図は日本では普通ローソク足を使っていてその名前の通りローソクの形に似たグラフで表現されています。

そのローソク足(陰陽足)で、高値や安値、そして終値や始値などを示されていてチャート図においていろんな形状となります。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.