自動車を所有している人でしたら知っていると思いますが、自動車税というものが徴収されます。

そして自動車税は査定に出すクルマの買い取り時に返還されるものなのです。

こういった内容は実際にやってみると分かりますが、では最初から順に簡易的に紹介したいと思います説明をしておけば、国内販売されている自動車だけでなく海外の車などでも税金が戻ってくる対象に決まってます。

もちろん車なども当てはまります。

自動車税というのは自動車を所有している人が支払い義務を負う税金ですが税額は車の排気量により決められています。

1リッターより低いのであれば29500円1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円になります。

これからは500cc刻みで5000円が乗ってきます。

そしてこれは4月1日の時点の保有者が今年度の全額を払う事になっています。

ということは先払いになるということですから勿論ですが車を買取してもらって、所有権がなくなった時などは前払いした分の自動車税は還ってくるというわけです。

この税というのは事前納付で年度内のお金を納付するのでその年度内に自動車を買い取ってもらった場合には入れ替わった保有者が税金を納めなければいけないということです。

売却先が中古車買い取り専門店ならば、売却時にあなたが支払いすぎたお金を返還してくれます。

つまり、所有権を手放した日以後の税は、権利が移った所有者が支払い義務を負います。

例えば10月にクルマを買い取ってもらったなら、11月以降翌年3月の間までの払ったお金は返還されます。

というのは、繰り返しになりますが自動車税の場合は先払いであるということからも明らかです。

要は、売却者は買取先に税を返してもらうということです。

個人で自動車を売却する場合には何気にこのようなことに気づかない人がよくいるためしっかり確認をとるようにすることです。

自動車税がクルマを手放すと返ってくるということをほとんど知っている人がいないからと言ってその状況を悪用している業者もいます。

こちら側から自動車税の返金についての話をしなければ税金のことに説明しないということもよく見受けられます。

そのため車の買い取りをお願いする場合は、払いすぎたお金が返ってくるかどうかを確認することを忘れないようにしてください。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.