直接でないクレジットの手法は簡明です。

クレジットカードを利用してストレートに取引できない物品をダイレクトに買うという手段ではなく、遠まわしに使って買い取りしたら良いのです。

説明が単純な事によりはじめに金券の事例を用いて表現してみたいと考えます。

例になる人が有名な服を買いたいとそれを見つめてじっとしています。

持ちたいブランド財布を売りに出している店舗ではクレジットで買う事ができじないとします。

しかしAmerican Express、NICOSなどの券でなら許容してくれるという事です。

だからとある男性はクレジットカードでギフト券を買い付けする事が可能なギフト券のを売っている場所に足を運びクレジットを使用してJCB、American Express、Diners clubなどの金券を買い取りしてみます。

次に用いたクレジットカードを用いて買い取ったVISA、American Express、NICOSなどの金券をお店に携えて足を運び使いたかった有名なカバンを注文したとします。

「一体なんでギフト券で購入した男性は例のような煩わしい事をしているの?」と思う可能性があるかもしれませんが実のところ今話した手法を運用すると本来であったら貯まることのないクレジットポイントがもらえます。

普通に、直接お金を使う事でブランドバックを注文したとした時でもカードローンポイントは得られませんしJCB、Diners clubなどの金券を直接お金で発注してから用いてもポイントは得られません。

しかしこのケース、VISA、MasterCard、NICOSなどの金券をクレジットカードで購入したという理由で、有名なカバンを注文した状態と等しい量のカードポイントがもらえる事になります。

こういう事例が直接的でなくカードローンを使った事になるという根拠で間接的クレジットと呼ばれる進め方です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.