FXに関しては取引所取引というものがあります。

普通の外国為替証拠金取引(FX)業者と商売を実行することを「店頭取引」と言いますが、この取引は取引所を通過させず売買の対象は外為取引(FX)企業になります。

「取引所取引」という場所は外為取引(FX)業者はとはいっても仲介であって、ダイレクトな取引ペアは取引所になります。

その相違をただ今若干比較していきましょう。

最初に「店頭取引」の折は預けている証拠金はFX業者に調節されているのです。

こなた「取引所取引」の場合、こちらの証拠金は総額取引所に供託しないとならないと義務になっています。

そうすることにより仮に外為会社が破産するといった経験が例えあっても、後者は、取引所によってお金は全てのお金が擁護されることになるのです。

折はFX(外国為替証拠金取引)企業が束ねしているので、経済環境により業者倒産の悪影響をの傷を受けて預けていたお金は擁護されずにいくのかもしれません。

税金面から言っても両者に関しては規定に違いが存在します。

「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として給料と総額で申請しなければなりません。

だが確定申告せず大丈夫な時もあるらしいので自分に共通するかどうか念入りに確認をお願いします。

もしもあなたが勤労者でサラリー2000万円以下、給与所得の範囲を超えた儲けが20万円以下(いくつかの企業から給与所得がないこと)という規定を守っているということであれば特別のケースとして確定申告は不要です。

外為もうけが20万円以上の場面は確定申告をするようにして下さい。

税率は儲けに即して5%〜40%の6つの段階に組み分けされておりまして実収が高いようであればtaxも高くなります。

「取引所取引」については、利益があった時はその他の収入とは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となります。

税金の率は全て同じ20%となるんですが、損金が断定されたという事なら「取引所取引」の益として損分を次年以降に繰越することができます。

上記のように、「取引所取引」の方が安価なタックスになるケースもあるので検討してみて考えた方が良いと思います。

分けてもビギナーの方なら、ジャスダック株価の変化や円高に注意して、利益やマイナス分にスリリングなあまり、税金においての問題を忘れて放置になることもありがちです。

損分は困りますが、利益が増加すれば税金に関しても増えるので気を配るのと理解が重大との事です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.