民事再生による解決は住宅ローンなどを含めた多重債務の問題に困っている債務者を救済するために住んでいる家を手放さずに経済的に再生するための公の機関を通した債務を整理する手順としてはじまった解決策です。

民事再生には、破産手続きとは違い免責不許可となる条件はないので、競馬などで債務がふくらんだような場合においてもこの方法は取れますし、自己破産により業務の停止になりかねないポストで給与を得ている方でも民事再生は行えます。

自己破産では住居を手放さないことは考えられませんし任意整理等では、借金の元金は払っていくことが要求されますので、住宅ローンも払いながら支払うことは多くの人にとっては難しいと思われます。

とはいえ、民事再生を採用することができれば住宅のためのローンを除く負債額は金額を減ずることが可能なため、余裕を持ちつつ住宅ローンを支払いながらそれ以外の負債を返済し続けることが可能ということです。

でも、民事再生による整理は任意整理や特定調停といった方法と異なって特定の借り入れを切り取って手続きしていくことは許されませんし、破産申告のように返済義務がなくなるということではありません。

また、これ以外の債務整理と比較して手続きの手順が複雑で期間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおり住んでいる家を維持する必要があるような場合等以外の、破産申請など他の選択肢がない時のあまり優先したくない解決策と考えた方がいいでしょう。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.