経験の浅い方向けの外国為替証拠金取引の情報では、「損が生まれた時にはナンピン買いをすることでポジションの価格をコントロールする」等記述されている事もありますが正直ここには危険性があると思います。http://www.hok-shaho-hsp.jp/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3

まず最初に、ナンピン買いの仕組みについて手短に説明します。エレクトーレ

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。湯上りカラダ美人

$買いということでドル高に動くほど儲けが出るわけですが不幸にして95円まで円高・ドル安が進んでしまった。尾行調査は即日対応・当日

このままの状態でポジションを持ち続けたら損失が戻るためには、マイナス分ドル高に動かなければなりません。

投資家であれば、赤字は早く取り戻したい考えます。

そこではじめに取引したのと同じ量のドルを、95円で取引します。

それによって、ポジションの価格は1ドル=97.50円まで低くすることができる。

これで、2.50円の幅でドル高が進むと、損を回復する事ができます。

これが、ナンピン買いの仕組みです。

このとおり、ナンピン買いの理論を理解すると「まちがいない」という考えになるが、簡単には思うようにはいきません。

そもそも、95円が底値だということなどなんびともわからないのである。

仮に、市場がかなり強い円高基調だとしたら、1ドル=95円では下げ止まらずに、円高ドル安に向う可能性は高くなります。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピン買いをして、95円までドル安に向ったらナンピン買いした分についても為替差損が生じます。

この状況では、一番初めに注文したドルと一緒に、為替差損が生まれます。

この例のように、ナンピン買いは厄介です。

それでは、市場がシナリオとは逆にさっと進んだ場合、どの方法で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

そういう時には選択できる術は多くはありません。

最初のひとつは執着しないで、損失を確定する事です。

もうひとりはその段階で、保有しているポジションを小さくする事でもう一回相場が回復するのを何もしないで待ち望むことです。

ちょっと後ろ向きなやり方だと思う人もいます。

しかし、所有しているポジションに損が生じた場合、最もリスクが低い手段はこれ以外には期待できない。

無論、理屈の上ではナンピン買いするという術も効果的です。

けれどもナンピンはあなた自身が損失を披っている場面にもかかわらず、ポジションを減少させるどころかポジションを積み重ねていく手法です。

この手法では、リスクを制御することなど、どうやっても無謀だと思うべきです。

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金はショートしてしまうだろう。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.