カードを店舗等において決済する際に、みなさん経験したことがあるかと考えますがレジの人が理解していないためいったいどの明細を利用者へ対して渡して良いのか迷うことがある。

といいますのも、クレジットカードを利用すると、専用端末利用明細というものが発行されるためでありこのレシートのどの紙をお客様のもとへ差し出すのかわかりにくいという話です。

複数枚の利用明細の正体》上で述べた数枚の紙の説明とはいかなるものかということの概要は、以下の記載の通りです。

1お客様へ渡すべき紙。

2店舗控え用の利用明細。

3クレジットカード会社保管用明細(署名を書く紙)。

本来は絶対客の方へ保管してもらう利用レシートの方を渡されるはずですが、時として、別の明細レシートの方をお客様の方に間違って渡すことや記名した方の利用明細自体を渡すという重大なミスすらあります。

このパターンは時間給従業員の場合や、それほどクレジットというものが使われない店舗などでクレジットカードを提示すると、そのような店舗従業員の動揺を垣間見れるだろう(笑)。

仮に店員が間違った明細レシートを渡そうとしてきた際には「これは違いますよ」と言ってあげてほしいものです。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.