思いつきもせずいきなり起こるのが交通事故です。

そこでどんな処理するかが原因となり、車の保険料の支払いも相当違ってくる時も予測できますので間違えない決断と行動力が大事です。

思っていないハプニングに出会って冷静さを失ってしまえば事を逃してしまい、先々自分がとても大きな損を負わされることも考えられるので乗用車の事故に遭遇してしまった場面では落ち着いて次に記述した作業をしましょう。

乗用車の事故を起こした時に最初にする事は怪我をした人の状況を確認する必要があります。

後すぐは頭の中が真白になって虚脱状態になってしまうことがあり容易に行動を起こせないのが当たり前です。

ですので、怪我をした方がいたならば危険じゃない場所へ運んで応急手当をし、119番通報するなどを行い負傷者の優先に努めることが大事です。

119番に連絡する時は正確な場所を連絡し、不確かな場面では辺りの目を引くスーパーや地点を知らせ事故現場の場所を特定できるようにします。

その後警察署に電話して事故があった旨さらに簡単な状況を告げます。

救急車と警察の到着を待っている時間に事故相手の事を聞きます。

氏名、住所、TEL番免許ナンバープレートの番号、相手の自動車保険会社という互いの内容を教えあいます。

この時に相手側に違反があったような状態ではその場で処理する場面がよくありますがすぐにうやむやにするのではなくどんな風な場合にかかわらず警察署や保険の会社に届け出て正しく調査してもらうようにしましょう。

互いの身元を交換したら車の障害になることをやめるために妨げになる物道から取り去ります。

万が一障害物が他の自動車の障害物となっている状態ではお互いの情報を交換するより先にこの対応をしても問題は起こりません。

その後自身が加盟している保険会社に電話をして車の事故が発生したことを連絡します。

自動車の事故から特定時間の内に保険会社に電話を入れておかないと、自動車での事故の保険の適用されない場面も考えられるので素早く連絡することが必要不可欠です。

可能であれば事故現場の証拠として、デジカメや携帯等で状況や自動車の破損状態を見ることができる写真を写しておきます。

その写真は過失の割合決める重要な手がかりとできるので、己の車や相手のクルマの破損箇所をきっちりと写真に残しておくことが大切です。

その時に第三者がいたとしたら警官や保険会社が来るまで一緒にそのままいてもらうように頼むのも必要不可欠です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.