商店でどれもの所有カードが使用可能なわけではありません。

◆カードの加盟店舗はだいたい、二、三以上のカード運営会社とライセンスを結んでいるんですが、不便なことにみなの加盟店であらゆるタイプのクレジットカードが切れるわけではありません。

つまり旧態然とした契約店の際にはJCBマークの付いているそのカードしか使用できないときもありますし、今日日の店舗だとVISAとマスターカードといった名前の書いたクレジットカードのみしか使用不可なときもあるでしょう。

ディスカバーカードみたいなクレジットカード会社の場合にはよけいに決済不可な店舗が増えるのではないでしょうか。

何のロゴのクレカが切れるかをどのように見分けたらいいか?「ではどのような方法でどの所有クレジットカードが切れるかを見たらいいんだろう?」というと本当のところを理解するにはショップの方に問い合わせてみる以外にはないていうのが正直なところその答えになります。

とはいえおおよその店舗や料亭には目につきやすいところとかに使用可能なカードの印がプリントされている加盟シールが掲載されているから、「そうなんだ、その店舗ではVISAカードが使用できるんだ」ということが不安にならないようになっているし心配しないようにしてもらえると思います。

というものの、正確に管理が出来ていない加盟店で決済する場合には、ロゴシールが掲げられている店舗でも「現在では××カードはご使用いただけません」等の回答をされてしまうなんてこともあり、メンツを失うようなこともなくもないですね。

贅沢をいえばできる限り全部のショップで有効であるようにするためにも異なるブランド(海外ブランド)がある一般的なビザカードマスターカードJCB、などのクレジットカードを複数財布に入れておくようにするようお勧めします。

(例:JCBをいつも使っているならその次はディスカバーカードブランドのクレジットカードを財布に入れておくほか)。

日本においてはVISA、MasterCard、JCBカードの3つの契約が入ったクレジットカードを常に携帯しておけば、ほぼ日本全土のカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのクレカを使用する機会があります。

クレカを契約して有効的に節約を目指すならば言うまでもないが上記のクレジットカードを申し込んでおいてほしいとおもいます。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.