外国為替証拠金取引をやる良いところは、たった一つの商品であるのですが投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の期間からいずれをチョイスするのかということで、出資の方策が異なってくる点にあります。

初めに外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」について見てみよう。

長期のスタンスというものは、一年以上の長期投資を基本にしているのが普通です。

普通は為替のレートで、一年も経過した後の為替のレートは円高か、反対に円安であるかを予言することは、一般的に無謀に近いです。

普通の人は、「そんなに先の動向は予知できない」と考えるのが本当のところなのです。

予言もできないのになんとか推測しようと思ったところで、そんなことは無意味なことです。

したがって外貨を買い、その時点での価格よりも円高になってしまっても、その差損分は少し経てば返ってくるはずだという気持ちで売買に参加することが必要です。

儲けを熱心に狙うことに限定せず別の収益、言うなればスワップポイントで稼ぐということをまず一つのゴールとして投資してみましょう。

当然短期的に為替変動のマイナスが大きくなってしまうことがあります。

そういったことから、損が膨らんでも困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめにトレードする心がけは必要です。

外国為替証拠金取引(FX)は、損失が一定金額よりも広がると、追加保証金(追い証)が発生したりそれともストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら、その場で取引を打ち切りせざるを得なくなり、長期の取引ができなくなります。

例のような危険から逃れるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍で取引するべきです。

第二に中期の投資の売り買いです。

中期の投資においては、2ヶ月ほど経った頃を想定しての売り買いであります。

為替売買の時、およそ1ヶ月先のことは、だいたいの場合、予測しやすいだと思います。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の各国の会議とか為替のトレード参加者がどういうテーマに興味を持っているかを聞いてみれば、だいたいの場合見通しがきくはずです。

このような経済情勢を見ながらもチャートを参考にすることによって為替相場の変動をわかるようになりトレードを決めるのがいいでしょう。

基本的に、経済の状態とテクニックの両方とも光りまたはどちらも買い傾向が同じ時は、ほぼその方向に行くと考えて問題ありません。

そんな時は持ち金を増やせばより多くのリターンを手に入れられると思います。

3つ目に短期のトレードの狙いどころです。

ここでの短期のトレードとはつまりはデイトレを意味しています。

為替市場でデイトレードを行うには、経済情勢はまったく関係ないと断定していいです。

なぜならあくる日のレートの変化に、経済の状況は絡んでいないからです。

この場合、一番のミソは大きな出来事がある場合、そのために為替相場が大幅に変化する瞬間を待って行動することです。

たとえば、アメリカにおいて雇用統計が公布されるあるいは金融政策などで金利が動くということ。

こんなタイミングに変わり様をものにするという理由で、短期スタンスは多種のものが必須になる。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.