商店でみなの所有カードが決済可能なわけではない▼クレジットカードの加入店舗は一般的に二つ以上のクレカブランドと契約しているわけですが、不便ですがみなの加盟店舗で全部のブランドのクレカが使えるんではありません。

一例をあげれば古いタイプの商店のときはJCBマークの付いているそのクレカしか決済できない場合もあるし、今日の契約店舗の場合だとビザとかマスターカードの印のついているカードのみしか切れない場合もよくあります。

ディスカバーカードみたいなカード会社だったら、増して決済できないショップが増えるんじゃないでしょうか。

どのような所有カードが使用できるかをどこで見分けると良いか?「ならどのような方法で何の印の所有クレジットカードが使用できるかを見分けたらいいものか?」といってはみたものの、正しく見るとしたらお店の誰かに聞いてみるしかないというのが残念ながらその答えになります。

とはいってもおおよその店やフードコートにはお店のエントランスの場所に決済可能なクレカ会社の印が書かれた認証マークが掲載されているから「なるほど、そのお店ではアメリカンエキスプレスカードが使用できるのね」というのが不安にならないようにされてるので心配しないようにしてもらえると思います。

というものの、ちゃんと管理が行き届いていないお店の場合には、ロゴシールが掲げられているのに「うちではご使用のクレカはお受けいたしかねます」という回答をもらう場合もあるので、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

やはりできる限り全部のショップでクレカが使用できるようにしたいのならば、別の会社(インターナショナルなロゴ)がはいった一般的なVASA、MasterCard、ライフカード、といったクレカを2枚以上は契約するようにするとよいでしょう(例として:ライフカードを持っているなら他方はアメリカンエキスプレスカードブランドのクレカを携帯するようにするほか)。

もっぱら日本では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つの契約が書いてあるカードをそれぞれ持っておけば、ほぼ日本全土の契約店舗でいずれかのクレジットカードを提示する機会があります。

クレカを活用して効率的に節約を続けるつもりならば、できる限り早めにこれらのクレカを契約しておいていただくようお勧めします。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.