現実にノートPCの前に座っていつも変化している為替レートを目を向けていると、直ちに売買をしなくてはいられないという感情に駆られる人も少なくありません。

しかしながら、不明瞭な感覚で注文するのは避ける必要があります。

事実、マーケットは年中、常にいずれかの国の為替相場は変化しているし、相場も変化しています。

しかし、売買を重ねているとそれだけマイナスになる可能性が上がってしまいます。

無論、エントリーの数を積み重ねる事で、次第に勝つ確率か五分五分になっていきます。

しかし「なんとなく直感で注文」してしまうこととは話が異なります。

取引回数を積み重ねる事の意味は、「ここは勝てる」と感じたチャンスを持った状態でのトレード回数を重ねるという意味です。

ただ、絶え間なく取引を繰り返すのとは異なります。

外国為替市場の駆け引きに敗北しないためには思案してけじめをつけることが大事です。

「ここはいける」と感じた為替相場の時にはいっそ所有ポジションを積み増して積極的に儲けを求めます。

「何となく悩ましいマーケットでどう上下するのか理解できないな」と感じた時は、観念して所持ポジションをクローズして何もせず静観します。

それくらいのメリハリをつける方が、結果的にトレードは儲けられます。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったく言葉どおりです。

為替取引とは休みなくポジションを持つことが重要ではなく、売買ポジションを持たないで何もしないことも取引です。

では、いつ休みどきなのでしょうか。

最初に言われるのが前述したように、現在のマーケットが今ひとつ良く見えない時です。

今からどちらにいくのかわからないような時は考え無しで行動すると、自分自身の思った台本とは逆に為替相場が推移してしまい損失を被ることになる。

そのため、そんな場面ではポジションを0にしてそのままの状態で黙ってみているだけが最良の選択です。

もうひとつは、体の具合がすぐれない時。

体の状態と市場に関係がない思う投資家もいると思いますが実は案外影響します。

体の状態が思わしくなければ、外国為替相場の重要な状況で必要不可欠な判断ができなくなります。

気分が進まない時は市場から離れてみるのも大事な事です。

Copyright © 2002 www.ein-kaefig-voller-helden.net All Rights Reserved.